スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

塾の選び方

長女がどんぐり問題を全て解き終えた6年生の2月頃、中学生の勉強方法について長女と相談していると、
「○○高校を目指したいので、塾へ行きたい」と自分から言ってきました。
(高校名は地域が限定されるので、伏字とさせていただきます。ちなみに、県で一番の公立高校です。)

 

 

その為、どんぐり先生とも相談し、塾選びを始めました。

 

 

どんぐり倶楽部の糸山先生のアドバイスは、

「 塾もいいですよ。
ただし、塾の名前で選んではいけません。
その塾から、毎年3名以上の○○高校合格者が出ていること。 あとは、通塾に時間がなるべくかからないこと。
それだけです。すべきことは、大したことはありません。 すでに決まっていますからね。
注意すべきは、中1.2の時に理科と社会は常に満点を取ること。 他の三科目は、一年もあればどうにでもなるからです。 」

とのことでした。

 

ここから、この条件に合う塾探しを始めました。
幸いなことに、私の家の周辺に進学塾が多くあり、近くの全ての塾に、当該校舎から○○高校への合格者数を聞くことにしました。

 

A塾:個人指導の塾で比較的有名な塾
○○高校合格者 0人
徒歩10分程度
個人指導なので、その年によるということでした。

 

B塾:全国的に比較的有名な塾
○○高校合格者 0人
徒歩10分程度
目指している人が居なかったとのことでした。

 

C塾:全国的に有名な塾
○○高校合格者 2人
徒歩15分程度
この校舎自体が最近出来たので、これから増えると思いますよ。との事でした。

 

D塾:全国的に有名な塾
○○高校合格者 不明
徒歩10分程度
粘り強く校舎ごとの合格者数を聞きましたが、校舎ごとの合格者数は言えないと拒否されました。

 

E塾:地域密着型の塾
○○高校合格者 8人
徒歩5分程度
高校合格者数以外にも色々なことを教えていただけて、親切で丁寧なイメージでした。

 

 

近くの5個の塾を回りましたが、名前から受けるイメージと実際に話してみた後の印象が大きく違い、びっくりしました。
また、糸山先生の言うとおり、名前で選んではいけないと強く感じました。
長女の塾選びは、各塾へのヒアリングの結果、E塾となりました。

(今、長女は中学2年生ですが、塾選びは成功だったと思っています。)

 

スポンサーサイト

コメント